注意をしておきたい太陽光発電業者

日本の夏場というのは、南国のような暑さとは違いかなり蒸し暑く、計画停電なんてしまったら大変な時間を余儀なくされます。
そこで暑い昼間でしたら太陽光発電の電力によってエアコンや扇風機などを遠慮することなく使用することが出来るのです。注意をしておきたい業者の特徴としまして、十分考える余裕を与えること無く、契約を急ぐケースがあります。
契約書におきましてもメーカーや機器の型番などといった情報が記載されていなく、適当な書類もあるようですので注意をしましょう。太陽光発電を設置する前に業者に年間予想発電量を提示してもらったり、納期をしっかり確認することは大切です。
業者の見積りが終わった後に、価格と実際に支払う額が違っていたなんてことはよくある話なのです。 今の世の中に再生可能エネルギーは絶対に必要であり、多くのご家庭で太陽光発電の設置を検討していることでしょう。
太陽光発電の設置によって様々なメリットを実感することが出来るのです。
格安で太陽光発電の設置が済む予定だったのに一般的な工事の1.5倍以上になってしまった例もあります。
屋根をほとんど確認することなく「どのような屋根でも設置が出来ます」と強引に勧誘をしてくる訪問業者は安全性が高いとはとても言えません。



注意をしておきたい太陽光発電業者ブログ:2017年10月04日

人前に出て、何かをする。
出来ることを、披露する。
自分のことを、評価する。

今となれば当たり前のことなのに、
あたしは、いちいち心の中で引っかかります。

外から見ればそんな風に感じないかもしれないけれど、
あたしの心の中は、常に葛藤の嵐であり、
それを越えての行動なので、
見えているよりも負荷がかかっていることが多いんですよね。

あたしの中に流れている、
お父さんの血とママの血は、
あたしと言う一人の人間、女性を形作り、
あたしもまた流れを繋いでいく…

あたし…という存在が自分がどう思おうと、
周りには少なからぬ影響がある…

だけど、自分を感じ、表現しようとしたときに、
未だに足枷になっているのが
「女の子だから…」と言う「呪文」なんです。

しかし、あたしが男の子だったら
きっと「男の子なんだから」になり変わっていたのだろうな。
いずれにしろ、同じなのかもしれないのですが…

しかし、我が家の二人の息子はあたしから生まれ、
一緒にいるのが長いので、あたしの影響が色濃いはずなんですが、
これがまた…

あたしは自分自身の経験から、
「男の子だから」と言ったことは
まずないと思うんですが…

男だから、女だから、
…ということはあまり意識しておらず、
一つの個性くらいに思ってきたし、今もそのはずです。

しかし、しかし!
我が家の息子達と来たら、
世に聞くオトコ達の言動をするのです。

まず、返事をしない。
顔を向けるだけとか、頷くだけとか…
全く何を考えているのかさっぱりわからない!

で「返事をしなさい」と言うと
逆ギレされることも…

言わなければ解らないことって
あたしはたくさんあると思うんですけどねぇ〜

世の男性の皆様、
どうお考えになられますか?


ホーム サイトマップ