注意をしておきたい太陽光発電業者

日本の夏場というのは、南国のような暑さとは違いかなり蒸し暑く、計画停電なんてしまったら大変な時間を余儀なくされます。
そこで暑い昼間でしたら太陽光発電の電力によってエアコンや扇風機などを遠慮することなく使用することが出来るのです。注意をしておきたい業者の特徴としまして、十分考える余裕を与えること無く、契約を急ぐケースがあります。
契約書におきましてもメーカーや機器の型番などといった情報が記載されていなく、適当な書類もあるようですので注意をしましょう。太陽光発電を設置する前に業者に年間予想発電量を提示してもらったり、納期をしっかり確認することは大切です。
業者の見積りが終わった後に、価格と実際に支払う額が違っていたなんてことはよくある話なのです。 今の世の中に再生可能エネルギーは絶対に必要であり、多くのご家庭で太陽光発電の設置を検討していることでしょう。
太陽光発電の設置によって様々なメリットを実感することが出来るのです。
格安で太陽光発電の設置が済む予定だったのに一般的な工事の1.5倍以上になってしまった例もあります。
屋根をほとんど確認することなく「どのような屋根でも設置が出来ます」と強引に勧誘をしてくる訪問業者は安全性が高いとはとても言えません。



注意をしておきたい太陽光発電業者ブログ:2017年11月25日

親はずっと昔からわたしの春を、
長すぎる春を待ちわびて…
そして諦めかけていたようです。

年明けにママと電話でこんな話をしました。

「父親、会社辞めるって…」

「なんで?まだ定年来てないやん。
わたし、あと二年あると思て貯金してないで〜。
何もお祝いできへんやんか!」

「夜勤しんどいし、歳も歳やし、父親疲れたって…」

「ちょっと、この前、好きな人できた言うたやんかぁ。
未来あるにわたし、そんな暗い話嫌やわぁ。嬉しい事作ったるわ!」

「えっ?そんな(結婚)話、出てるの?」

「いや。まだ何にも…」

父親が定年前に会社を辞める事を聞き、
なぜか「このままじゃいかん」と思いたち、
好きな人に即電話をしました。

父親の退職が、
わたしの流れを作ってくれたようです。

すぐに日が決まり、
父親と好きな人とわたしで
ごはんを食べに行く事に決まりました。

結婚は時期が来ればいつかはするなぁ…と思っていましたが、
父親の退職話に乗じてトントンと進んでおります。

わたしは父親が大好きです。
小さい頃は、よく怒られよく叩かれたし、
余り喋らないから何を考えているか分からなかったけど…

自転車の後ろにわたしを乗せて、
よくパチンコ屋につれて行ってくれて、
横の台に座って拾い玉で遊ばしてくれたし…

大学時代は、
一緒に日本酒を飲みに、
近所のスナックにもよく連れて行ってくれたり…

きっと、父親もわたしが大好きなんでしょう。
でも、父親は女の子の人生設計を
幼い頃から勝手に描いていたようです。
そして女の子はことごとく、その道から反れて裏切って…

しかし、
親不孝な女の子の大逆転のチャンスがやってきました。
しかも、そのチャンスは退職することで
父親が作ってくれたようなものです。


ホーム サイトマップ