疑問の工事単価について

全国的に太陽光発電の設置を推進しようと国や自治体では補助金や助成金などの実施を展開しています。
これらの制度を利用することによって、通常価格よりも安価で太陽光発電を設置することが出来ます。一般的な家庭で使用可能となる太陽光発電システムが設置され始めた1990年代初頭には、1kw約200万円と非常に高価なものでなかなか手を出すことが出来ませんでした。
しかし現在におきましては1kw65万円〜67万円程度にまで下がり当初の半分以下となったのです。太陽光発電の工事単価というのは太陽光発電システム導入の工事価格をシステムの容量で割った金額となります。
もし太陽光発電の導入をこれから検討しようと考えている人は、それを目安として工事単価を知っておくと良いでしょう。 これから思い切って太陽光発電の導入を考えているのでしたら、まずは費用面について計算をしてみましょう。
全て持ち出しだけではなく、助成金などを利用することで意外と設置をすることが出来るかもしれませんよ。
住宅の屋根型や、システムの規模、さらには太陽電池の種類によりまして工事単価は異なってくるのでご注意ください。
まず最初は太陽光発電の設置業者に問い合わせをしたり、太陽光発電の比較サイトなどをチェックしてみると良いでしょう。



疑問の工事単価についてブログ:2017年10月17日

わたくしのお母さんや祖母は、
すごく料理が好きでした。

おやつはいつもお母さんの手作りで、
好物と言えば、最も古い記憶にあるのはマドレーヌ。
当時にしてはとてもモダンなおやつだったと思います。

もっと驚くのは、
お母さんにとっての「おふくろの味」が
タンシチューであったこと。

お母さんの時代でさえ店頭には今みたいな薄切りのタンはなく、
一本丸ごと注文して
ずんどう鍋でコトコト煮ていたのですから、
祖母の時代はなおさらのことだったと思います。

お母さんも生クリームを
牛乳屋さんと交渉して手に入れていたとよく自慢していました。

しょっちゅうお母さんが作ってくれた料理は
ジャガイモの「ニョッキ」。

大きくなってから
本場イタリアンのニョッキとは全然形が違うことを知って、
びっくりしました。

わたくしの頭の中では
ニョッキといえば白玉団子のように円盤形でした。

どこで作り方を知ったのかお母さんも覚えていないのですが、
あれのルーツを知りたいと今も思っているんです。

もう1つおやつで大好きなのがシュークリーム。

お母さんに教わってよく作っていたのですが、
お子さんの頃、どうしてもケーキくらいの
特大シュークリームを作りたくて挑戦し、
大失敗したことがありました。

その時は機械を使わず、
人の手で生地に混ぜこめる卵の量に
限界があるなんて知らなかったんです。

卵がなかなか入らず、
ついにはすり鉢やスリコギまで登場…
結局、ふくらんだと思ったらペコっと落ちてへこんでしまい、
これにはお子さんながらに大ショック!

自信満々だっただけに、
今でもその経験はトラウマになっているほどです。


ホーム サイトマップ