日当たりなどを調査

近年、太陽光発電と呼ばれる自家発電装置が話題となり、非常に多くのご家庭で導入が進められています。
もしこれからリフォームや引越しを考えているのでしたら、ついでに太陽光発電を設置するのも良いかもしれませんね。太陽光発電システムを選ぶ時に大切なのは、年間使用電力の変化や、家族構成の変化などといった判断は必須となります。
消費電力が比較的少ない家庭の場合でしたら、搭載するシステムは一般的なタイプよりも発電量の少ないものでも問題ありません。もしこれから子供が成長する年代である場合には、消費電力はさらに増えていくこととなるでしょう。
このことから予め発電量の多い太陽光発電システムを設置しておいた方が賢い選択となることでしょう。 太陽からの恵みである莫大なエネルギーを利用することによって、電力会社から電気を買わずに利用をすることが出来ます。
全量買取制度も開始された現在、大変オトクな電力事情を実現させることが可能なのです。自宅の屋根の形状や耐久性、さらには日当たりなどといったことをまずは調査する必要があります。
太陽光発電の運転音は騒音とまではいきませんが、人によりましては気になることもあるので設置場所も検討をしておくようにしてください。



日当たりなどを調査ブログ:2017年10月20日

減量の大敵は、
甘い物や脂っこいご飯だと言われていますが、
その裏側に潜む本当の大敵は、意外なことに「冷え」なのです。

なぜ「冷え」が
減量の大敵なのかというと…

からだを冷やすと血液の循環が悪くなります。
血液の循環が悪くなれば、からだの防衛本能で、
皮下脂肪を貯め込んで寒さから身を守ろうとします。

皮下脂肪は、
内臓や女性にとって大切な子宮を外の刺激から守る
クッションのような働きをしていますが、
減量という点から考えれば、
一度ついた皮下脂肪はとれにくいので考えもの…

また、
からだが冷えると基礎代謝も低くなり、
痩せにくいからだになります。

ですので、
皮下脂肪を貯め込まず基礎代謝をアップするためにも、
からだを冷やさないようにする工夫が必要なんです。

最近は、
エアコンが職場や家庭でもすっかり普及し、
夏でも冷え症に悩む女性が多く、冷え対策をすることは、
減量だけでなく、健康なからだづくりにもつながります。

からだを冷やす原因はエアコンだけではありません。
食生活の乱れや過剰なストレス、
ホルモンバランスの乱れや運動不足なども、
からだを冷やす原因となります。

からだを冷やさないためには
まず、平熱を測ってみるのが一番です。
朝方起きたらからだを動かす前に、
できれば何日か続けて測ってみましょう。

体温が36.5度以下だったら
からだが冷えている証拠です。

体温が低いと、排泄機能が低下し、
アレルギーや自律神経の乱れにもつながります。

もしも平均体温が35度台だったら要注意!
なぜなら、ガン細胞がもっとも増殖しやすい体温が35度なのです。

体温が低い方は、
積極的にからだを温めるようにしましょう!

ホーム サイトマップ