注意をしておきたい太陽光発電業者

注意をしておきたい太陽光発電業者


注意をしておきたい太陽光発電業者
日本の夏場というのは、南国のような暑さとは違いかなり蒸し暑く、計画停電なんてしまったら大変な時間を余儀なくされます。
そこで暑い昼間でしたら太陽光発電の電力によってエアコンや扇風機などを遠慮することなく使用することが出来るのです。注意をしておきたい業者の特徴としまして、十分考える余裕を与えること無く、契約を急ぐケースがあります。
契約書におきましてもメーカーや機器の型番などといった情報が記載されていなく、適当な書類もあるようですので注意をしましょう。太陽光発電を設置する前に業者に年間予想発電量を提示してもらったり、納期をしっかり確認することは大切です。
業者の見積りが終わった後に、価格と実際に支払う額が違っていたなんてことはよくある話なのです。 今の世の中に再生可能エネルギーは絶対に必要であり、多くのご家庭で太陽光発電の設置を検討していることでしょう。
太陽光発電の設置によって様々なメリットを実感することが出来るのです。
格安で太陽光発電の設置が済む予定だったのに一般的な工事の1.5倍以上になってしまった例もあります。
屋根をほとんど確認することなく「どのような屋根でも設置が出来ます」と強引に勧誘をしてくる訪問業者は安全性が高いとはとても言えません。




注意をしておきたい太陽光発電業者ブログ:2017年09月18日

オレには涙が出て仕方がなかった卒業式があります。
それは、ムスコの中学校の卒業式なんですが、
きっかけは一枚の写真でした。

一人一人名前を呼ばれ
ステージに上がるムスコやその友人。
よく知る顔もあれば、
あまり馴染みのない顔ももちろんあります。
でも、この三年間で間違いなく大きく成長したお子さんたち。

本当ならそこにあるはずの、ある元気な顔が、
同級生の胸に写真となって抱かれていました。

その写真の主は、幼い頃からよく知る、
ムスコの幼馴染。

保育所から一緒に過ごしてきたので、
本当に幼い頃からオレもよく知っているのです。
その笑顔を見た途端、涙が止まらなくなってしまいました。

彼は急な心臓の病気の悪化で亡くなったのですが、
ムスコとはとても仲がよかったのです。

今もムスコの部屋には、彼の写真が貼られていますが、
ムスコにとっては本当に大切な友人だったらしく、
転居の際に何よりも早くこの写真の場所を決めていました。
やんちゃそうな優しい笑顔が、今もムスコと一緒にいます。

小さい頃から道で会うと礼儀正しく挨拶をしてくれる彼の、
元気なときの姿を覚えているのはオレだけではなく、
保育所時代から彼のことを知っているママたちは皆泣いていました。

オレの涙が止まらなくなったのは、
彼にまつわるイベントを
いくつか思い出してしまったからなのですが…

実はオレは彼の葬儀に行けなかったのです。
ムスコは通夜にも参列し、棺の中の友人の顔を見て、
揺すり起こしたら起きてきそうな気がした…
と悔しげに話してくれました。

その頃オレは家で泣きじゃくり、
見る影もないほど目を腫らしていたんですが…

行けなかった理由は
その数年前、彼のママを同じ式場で見送ったからなんです。

注意をしておきたい太陽光発電業者

注意をしておきたい太陽光発電業者

★メニュー

問題点がある太陽光発電
注意をしておきたい太陽光発電業者
太陽の光を受けて効率よく電気を作る
太陽光発電をもっともっと知る
装置は導入時の初期費用が高額
日当たりなどを調査
節電効果が高い太陽光発電
疑問の工事単価について
太陽光発電を導入する前に
環境問題に協力出来る太陽光発電


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)注目太陽光発電設置情報ステーション