問題点がある太陽光発電

太陽光発電と聞いて多くの人が一部の限られたお金持ちの家庭で導入をしていると思っていることでしょう。
しかし最近では国や自治体からの補助金制度によってある程度まとまったお金で導入することが出来るようになったのです。最近注目されている太陽光発電にもまだまだいくつかの問題点があると言えます。
日常に使用することとなるエネルギー源で大きな問題となるのが、悪天候や夜間におきましては太陽光発電は使用する事が出来ないことなのです。太陽光発電は初期費用がまだ高いという事実は、設置を考えてしまう大きな要因となっていることでしょう。
また日中作られた電気を貯めておくことが不可能なのが太陽光発電で非常に残念な特徴なのです。 日本という国は非常に小さな島国なのですが、原子力発電所の数は世界でも有数の保持国となっています。
この現状を見直すためにはやはり多くのご家庭で太陽光発電を導入することが最も賢い方法なのです。太陽光発電は発電量が足りない時や夜間はいつも利用をしている電力会社から電気を購入する必要があります。
設置をすることによって生じてしまうデメリットはこれから改善されていくことになるとは思いますが、現在におきましては地球環境を考えたエコの一貫として設置をすると良いでしょう。



問題点がある太陽光発電ブログ:2017年11月21日

コンチワ^^

あたくしたちの体は、いつもどこかに力が入っている状態です。
立つにも座るにも、
体を支えるために、どこかに力が入っていたり負担がかかっています。

人間の体を建物に例えるとわかりやすいかもしれません。
高層ビルの上の方の階は、風が吹いたり地震などがくると、
かなり激しく揺れますよね。

それは建物をつくるときに、
ハンドルなどと同じように「遊び」の部分を作っているからです。
もし、その「遊び」の部分がなく、
きっちり寸分の狂いもなく建てられていたとすれば、
その建物は激しい衝撃があったときに、
ポキっと折れてしまうことになります。

あたくしたちの体も同じです。
人間の体は206本の骨とそれらをつなぐ関節、
そしてその周りを筋肉や脂肪、皮膚などが覆っているわけですが、
それらが固まった状態でいればどうなるでしょう?

体はいつも緊張状態にあることになり、
動こうとしてもロボットのような動きになってしまいますよね。
それを解決するためには、
意識的に体をゆるめることができるようになればいいわけです。
そこで開発されたのが「ゆる体操」です。

ゆる体操は、
体をゆすることによって、心身をゆるめリラックスさせる体操。
年齢や場所を選ばずにできる「ゆる体操」を行うことで、
緊張した状態の体や筋肉をゆるめ、
健康を維持することができるということで、
高齢者の多い地域や生活習慣病の予防目的で用いられている体操です。

呼吸に使っている筋肉をゆるめることで、
深い呼吸ができるようになり、
酸素を体の中に取り込みやすくなりますし、

緊張がとれることで副交感神経の働きが活発になり、
体や筋肉だけでなく、
精神的にもリラックス状態を手に入れることができるなど、
シェイプアップ効果も期待できそうですね!

おしまい!!!

ホーム サイトマップ